輝きを更新し続ける美容家、神崎恵さんの美しさの理由[前編]
肌を整え健やかに保つこと
肌を整え健やかに保つこと

「肌のポテンシャルを上げるために、クレンジングはこだわるべきです」
そう語る神崎さんの“クレンジング論”には、
実はジュリークのクレンジングが大きな影響を与えているそう。
後半ではそのエピソードと共に、彼女が実践しているクレンジングメソッドも紹介します。

神崎恵

Megumi Kanzaki

美容家

著書の累計発行部数は144万部超え。美容家として雑誌等で情報発信する傍ら、アパレルブランドとコラボするなど、多彩な活躍を続けている。2021年10月にはファン待望の最新著書「老ける美容・老けない美容」(講談社刊)をリリース

何をやっても肌が変わらない。
その状況を
変えてくれたのはクレンジングでした

化粧水や美容液、クリームを使ったいわゆる“与える”ケアと同じように、
クレンジングや洗顔といった“落とす”ケアも大事にしているという神崎さん。
その考えに至ったのは、ある出来事がきっかけだったそう。

20代前半のころは、洗浄力の強さにこだわってクレンジングを選んでいました。洗い上がりはすっきりするけど、肌はパリパリと乾いていて……。その結果、どんなに“いい”とされている美容液やクリームをどれほど使っても、思うように肌に響かないという事態に陥ったことがあったんです。ちょうどその頃、上陸したばかりのジュリークが「すごくいい」との噂を聞きつけ、1号店に伺いました。

オーガニックという言葉そのものが、まだまだ聞き慣れないものであったころ。シンプルだけどセンスのいいパッケージや、植物そのものの香りに、ときめいたのを覚えています。店内で、スタッフの方にクレンジングをはじめとしたお手入れの方法や、肌との向き合い方、そしてオーガニック認証自社農園で育った植物たちのパワーを丁寧に教えていただき、自分の肌で実践してみました。そのときに感じた、それまで体験したことのなかった、肌の柔らかさは今でも忘れることができません。

私のクレンジングに対する要求は、かなり厳しめ。
もちろん、肌にとって不要なものをすべてオフできることはマストですが、落とすというより、ほぐす感覚であることも譲れないポイント。なぜなら、私にとってクレンジングは、ただただ汚れをオフするだけでなく、その日に溜め込んでしまった不要な感情も一緒に洗い流すリセットタイムでもあるから。

ジュリークのミルククレンジングは、まるで乳液のようなまろやかなテクスチャーがとっても私好み。肌の上のメイクや汚れを優しく浮き上がらせて絡めとり、すっきりと取り去ることができます。きちんと落とせるのに、あくまで肌はやわらかく、みずみずしいまま。そして、メイクや肌の汚れだけでなく、心のモヤモヤまでも包み込んで洗い流してくれるようなローズとラベンダーが織りなす癒しの香りは、1日の終わりにぴったり。商品はアップデートされて、より使いやすく、肌にとって嬉しいアイテムになりましたが、使うたびに得られるその感動そのものは、20年以上前に感じたそれと同じなのです。

クレンジングは“北風と太陽”
優しくほぐせば、肌は変わる

翳りのない透明感に満ちた肌を持つ神崎さん。
どんなに多忙でも揺らがないその美しい肌は、日々のクレンジングが支えているそう。

私がクレンジングをする際に、大事にしているのは手のひらの“圧”。
このうえなく優しく、イメージで言えば、お豆腐を崩さないようにそっと触る、そんな感じ。たっぷりのミルククレンジングを手のひらにとったら、まずは皮脂の多いTゾーン、小鼻になじませ、その後は頰と口まわり、そして最後は乾燥しやすくデリケートな目まわりへ。皮脂の量や、乾燥しやすさなどはパーツごとに違うから、クレンジングのやり方だけでなく肌にのせる順序も大事にしています。肌への圧を可能な限り分散させてまんべんなく肌へとなじませられるように、指先だけでなく指全体を使うのもポイント。所要時間はなるべく短く。いかにすばやく、かつ汚れ全体になじませられるかにもこだわっています。

クレンジングってまさに、“北風と太陽”。
ゴシゴシとこすったり、強すぎる洗浄力で無理やりオフしようと肌をいじめるよりも、肌をいたわりながら優しくオフしてあげた方が肌は驚くほど柔らかく、そして澄み渡ると思うんです。

いらないものを捨てて、どこまで軽やかになれるか。
クレンジングってなんだか、人生に似てると思います。溜め込むことばかり考えて、不要なものを脱ぎ去ることを怠ると、本当に必要なものを受け止めることができなくなってしまう。

だからこそ、何を選び取るかがとっても重要。肌をいたわり、育ててくれる*アイテムを選びたいもの。ジュリークのミルククレンジングは、そんな私の願いにフィットしてくれるアイテムなのです。

*肌を整え健やかに保つこと

リプレニッシングモイスト
クレンジングローション 200mL
4,180円(税込)

プレミアム ウィンター コレクション
Seed to Skin
6,380円(税込)

輝きを更新し続ける美容家、神崎恵さんの美しさの理由[前編]
↑