自然と街が共存するコンパクトシティ、アデレード 自然と街が共存するコンパクトシティ、アデレード

オーストラリアは北半球から遠く離れた南半球に位置し、自然豊かな環境の中で独自の生態系と自然と共に暮らすスローカルチャーが守られてきた大陸です。

アデレードは南オーストラリア州の州都。市内の中心部から徒歩20分圏内で生活に必要なものが揃うことからコンパクトシティと呼ばれ、世界の住みやすい都市ランキングで、2013年から5年連続して上位に選ばれています。街には公園も多く、少し車を走らせれば、海や森にもすぐ行ける自然あふれる場所。空気が非常に美しく、PM2.5の少ない土地としても知られています。日中は強い太陽の光が降り注ぎ、寒暖差が激しい気候は植物を育てるのにも適していて、近年ではワイナリーが数多く存在します。アデレードの人々は先進国の大都市とは異なる、自然の中で無理しすぎることのないwell-beingな暮らしを楽しんでいます。

ジュリークのオーガニック認証自社農園はそんなアデレードの中心部から車で30分ほどの所に位置するアデレードヒルズにあり、自然あふれる環境の中で原料とする花やハーブを育てています。

more
Well-beingな暮らしのお手本 アデレードのライフスタイル Well-beingな暮らしのお手本 アデレードのライフスタイル

10人に1人がベジタリアンを自認する街、アデレードにはオーガニックメニューを食べられるカフェやレストランはもちろん、地元で育てた肉や野菜を取り扱うグロッサリーが数多く存在します。ここで暮らす人々はみんな朝の時間をとても大切にしています。太陽の光とともに目覚めたら、ランニングやサイクリングなど体を動かし、新鮮でおいしい朝食を提供するカフェでしっかりと食べてから職場や学校へと出かけていきます。

デパートやショッピングモールは夕方6時ごろには閉まり、多くの人が仕事を終え、夜は家族や友人とゆっくり過ごすのが一般的です。少し足を伸ばして森へ行けば、野生のコアラやカンガルーと触れ合うこともできます。

自然とつながることが当たり前のアデレードには笑顔で暮らすすこやかな幸せ、Well-beingなライフスタイルがあるのです。

more
↑