FEATURE

オイル美容で叶える、自分と向き合うひととき オイル美容で叶える、自分と向き合うひととき

オイル美容で叶える、自分と向き合うひととき オイル美容で叶える、自分と向き合うひととき

スタイリングだけでなく、その生き方、暮らし方に女性からの支持も厚い、スタイリストの大草直子さん。彼女が長らく愛用しているのが、ジュリークの「グレイスフル ビューティー ファーミングオイル」です。大草さんの、オイル美容の取り入れ方について伺いました。 スタイリングだけでなく、その生き方、暮らし方に女性からの支持も厚い、スタイリストの大草直子さん。彼女が長らく愛用しているのが、ジュリークの「グレイスフル ビューティー ファーミングオイル」です。大草さんの、オイル美容の取り入れ方について伺いました。

Naoko Okusa’s Comment Naoko Okusa’s Comment

「毎晩のオイル美容は、自分を認める時間」。大草直子さん流オイルリチュアル 「毎晩のオイル美容は、自分を認める時間」。大草直子さん流オイルリチュアル

  • 夜、洗顔後に「グレイスフル ビューティー ファーミングオイル」を手のひらにとり、ゆっくりと温め「今日もお疲れ様」と自分に語りかけながら、これ以上ないほどの優しさで、頬やひたいをセルフマッサージします。少しとろみのあるオイルが肌をなで、柔らかく慈しんでくれる。それは30代の頃にはかけることができなかったひと手間。

    その後の化粧水は生き生きと肌に沁みわたり、最後に “頑張った一日”を閉じるように、クリームで肌に蓋をします。すると不思議。昨日よりも、うんと自分を好きになっていることに気づくのです。そして朝を迎えると、ふっくらと楽しげな“新しい顔”に出会えることが、また喜び。

    more close
  • オイルでのセルフマッサージは、スキンケアの一部に違いないけれど、実は自分と向き合い、自分を認める作業なのかもしれません。こんな時間を持つことのできる40代は、“神様からの贈り物”のようです。43歳から使い始めて、もう7、8本目。

    翌日にテレビ出演やイベントを控えている日は、思い切って贅沢に。オイルを使い、デコルテから首、耳の後ろまで流して、最後に肩先に。艶やかな首、デコルテ、肩先は、その人の表情を照らすレフ板のようなもの。ざらりとしたリネンのシャツも、ざっくり編んだニットも、この艶が特別に見せてくれるのです。今日の私も、ずっと先の私も支えてくれるのが、このオイル美容の習慣。

    more close

Naoko’s Point Naoko’s Point

  • POINT 01
    丁寧なデコルテケアで、表情にも輝きを 丁寧なデコルテケアで、表情にも輝きを

    手を交差し、鎖骨から肩へ外側に流します。

  • POINT 02
    肩先の輝きで洋服をラグジュアリーに着こなす! 肩先の輝きで洋服をラグジュアリーに着こなす!

    手に残ったオイルを、両肩の先に。

大草 直子
大草 直子
Naoko Okusa
スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しいメディア『AMARC』を立ち上げた。近著に『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか、インスタグラムも人気。

グレイスフル ビューティー コレクションの美容オイル。
ハリ、弾力が気になる方へ。コクのあるリッチな感触。
クレンジング・洗顔後の肌にお使いいただくことで、肌を柔軟に整え、そのあとのお手入れの浸透**をサポートします。
フェイシャルトリートメントや、オイルパックにもご使用いただけます。

*年齢に応じたお手入れのこと
**角質層まで

↑