【春の新規ご登録キャンペーン 初回ご登録で500ポイントプレゼント!】

製品検索
 

HOME > バイオダイナミック農法

  • ジュリークの歴史
  • 私たちの理念
  • ジュリーク農園
  • バイオダイナミック農法
  • パッケージについて
  • 配合成分について

バイオダイナミック無農薬有機農法

植物は無防備で、地の深さ、天の高さの影響を受けて形づくられる。
Biodynamic Farming and Gardening Association(BDA協会)

Bios: Life. Dynamis: Energy
バイオ=生命、ダイナミック=エネルギー

農園ができた20年前から、ジュリークでは植物の生命力を最大限に活かすことができるバイオダイナミック無農薬有機農法を採用してきました。
私たちは、生命・エネルギー・バランスのサイクルを維持しながら、地球のリズムに合わせた活動をしています。

■歴史

バイオダイナミック無農薬有機農法は、1924年にオーストリアの哲学者ルドルフ・シュタイナーによって展開された理論に基づいています。シュタイナーは細部にまで配慮した農業へのアプローチによって、健康的で何度でも回復する自然の源が明らかにされると信じ、独自理論を打ち立てました。

■原則

生命

私たちは地球そのものが生命であると考えます。農園を偉大な地球の一部であると考え、ジュリークは、環境に配慮したバイオダイナミック無農薬有機農法を採用しています。

エネルギー

私たちは種まきから収穫に至るまで、農園が健全で生命力に溢れているかどうか、細心の注意を払っています。

バランス

私たちは自然界のバランスに配慮することにより、植物を通して地球の美しさを得ることができ、自分達の中にある美しさに気付くことができると考えています。

■農法

ジュリークが採用している農法は、オーガニックであり、バイオダイナミックであり、持続可能な農法です。バイオダイナミック・ビューティーは私たちの行動そのもので、ジュリークにとって欠くことのできないものです。
私たちは、決して殺虫剤や除草剤を使用しません。種まきから、繁殖、成長、収穫まで自然のサイクルと共に歩みながら肥沃な土壌をつくるバイオダイナミック無農薬有機農法だからこそ、植物の生命力を最大限に高めることができるのです。

肥沃な土壌

私たちは、バイオダイナミック無農薬有機農法に沿った土壌づくり、植物の育成、堆肥の準備をします。植物やミネラル、腐植土を十分に混ぜ合わせ、厳格な条件のもとで効果を最大限に発揮させる堆肥として使用しています。
肥沃な土壌は、緑肥になるマメ科の植物を植えて土壌を改善し、その育った植物を再び土に混ぜ、土中堆肥をつくることによって維持しています。

コンパニオンプランティング

ジュリーク農園では、植物を害虫から守るために、栽培する植物と植物の間に、ガーリックやヨモギ、ワームウッドといった虫が嫌う忌避植物を植えるコンパニオンプランティングを活用しています。これらの植物を収穫した後は、植物、花、およびハーブなど種々な種類の植物を輪作して窒素など栄養分を補給し、豊かな土壌を保っています。

Sustainability 持続可能性

ジュリークが自社農園を維持するのは、美しい地球の存続を目指すためでもあります。残念なことに、現代社会と地球の自然な営みとの乖離は、不均衡と非効率性という形で頻繁に起こっています。ジュリーク農園は、たくましく育つ植物の生命力によって作られ、生態系で営まれている自然のサイクルを守っています。

PAGE TOP